浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が見つかったなら

浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が見つかったならば、別れるべきか否か決めかねますよね。ひとまず冷静になって、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚してしまうのも一つの案です。浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。実費は交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。時間給は、人数×時間で計算した費用です。短時間で調査を完了すると支払いも安くすみます。浮気の証拠を握るためには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。でも、探偵へ依頼すると調査料金も安くはないですから、誰でも容易に依頼することのできることではありません。探偵への浮気調査の依頼は、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所の違いで金額は異なりますので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。探偵による浮気調査の結果、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。心から信用のできない人間と死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。また、配偶者の不倫相手に慰謝料を求めれば、配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても離婚の必要性については考えるべきでしょう。子供がいるご夫婦の場合は特に配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところでトントン拍子で離婚の話は進まないものです。請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。同様に、父親が一人で育てる場合も仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ